Q.ジェイ・プラウドに入社を決意した理由はなんですか?

必ず自分自身が大きく成長できると確信した

元々、新卒で入社した不動産会社で当時の上司だった古川と登内から創業メンバーの1人として誘って頂いたことが、
ジェイ・プラウドに入社したきっかけでした。

前職で3年間部下として働いていたなかで、休日には一緒に釣りに行ったり、連休には一緒に旅行にも行ったりと
公私共にとても良くして頂いておりました。

冬の夜の海辺で凍える寒さの中、釣りをしながら「いつかみんなで会社作って一緒に働けたらいいね~」

なんて話をしていたこともありました。

続きを読む

そんな中で仕事の面でも人としても目標としていた二人から「独立するから一緒にやろう!」と誘ってもらったときに
二つ返事で「はい、やります!」と即答しました。

その時、全く迷いはありませんでした。

二人と一緒に仕事がしたいと素直に思ったことが、私が付いて行こうと思った一番の理由です。

また、何もないゼロの状態からひとつの会社を創っていくことにもとても魅力を感じました。

創業期から携わるという事は、今までとは比べ物にならないくらいの責任やプレッシャーもあるだろうと思いましたが、
その環境に身を置くことで、必ず自分自身が大きく成長できると確信しました。

Q.仕事をしている中で一番充実感、やりがいを感じることはなんですか?

1件1件の契約には必ずドラマがある

定番の答えになってしまいますが、契約を頂いた時です。同じお客様、同じ物件は2つと存在しないので1件1件の
契約には必ずドラマがあります。特に、私たちがやっている営業は、もう家が欲しくて探しているという方だけでなく、
家が欲しいと思った事はない、考えたことも全くないという方まで様々なお客様がいらっしゃるので契約を頂くまでの
道のりも様々です。ただ全てのお客様に共通していることは、皆さん喜んで契約してくれていることです。

「若林さんが来てくれてよかったです。ありがとうございました。」なんていう風に言って頂けたときは本当にこの仕事を
やっていてよかったと心の底から思います。以前、まだ20代の若いご夫婦のお客様で、奥様はマイホームが欲しいと
思っているけれど、ご主人はあまり興味ないといった方がいました。お二人に家の必要性や効果などお話しさせて頂き、
ご主人が購入を決断した瞬間に、感極まって奥様が涙!ご主人も涙!課長と私も涙!(笑)なんて事もありました。

営業なので断られることや邪険に扱われることも当然あります。ただそんな事は慣れで何も感じなくなります。

でもお客様が決断してくれた時の喜びや、お客様から感謝して頂けたときの喜びは決して慣れることも褪せる事もなく、
さらに頑張ろうという気持ちをくれます。

Q.仕事を通して、今後どのようなライフプランを描いていますか?

今はまだ想像できないくらい良い景色を見るために

ライフプロデューサーとしても、一人の人としても、今いる後輩やこれから入社してきてくれる人たちの
目標となる存在になることです。

私自身が新入社員だった頃を思い返すと、古川や登内の背中を見て、「この人みたいになりたい!」と目標にしていました。

それは今でも変わらないことですが、今度は同じように、私がみんなの頼れる存在として、仕事の面でも、
プライベートの面でも目標となる存在になりたいと思います。

そして多くの部下を持てるようになって会社を盛り上げて行きたいと思います。

いつか会社が大きくなった時に、「この会社は俺が大きくしたんだ!」と胸を張って言えたらいいなと思います。

「若いうちの苦労は買ってでもせよ」という言葉があるように、まだギリギリ20代なので残りの20代、30代を
本気で仕事に打ち込んで人間的にも成長して、その先の40代から先で今はまだ想像できないくらいの
良い景色が見れるように一日一日を後悔がないように取り組んでいきたいと思います。

Q.ジェイ・プラウドへの入社を考えている未来の仲間にメッセージをどうぞ!

一緒に最高の思い出をたくさん作りましょう

ジェイ・プラウドはまだまだ設立して間もない会社です。

平均年齢も約26歳と若い仲間ばかりです。

どんな仕事をするかよりも、誰と仕事をするかが一番大切だと思います。

少しでも興味を持っていただけたら、是非一度足を運んでみてください。

一緒に最高の思い出をたくさん作りましょう!皆さんのご応募お待ちしています!

<<PREV
NEXT >>
entry
ページトップへ